一般社団法人あまみ徳之島ライフサポート

オーガニックなキャッサバ(マンジョカ)です!

(社)あまみ徳之島ライフサポートのキャッサバは、 鹿児島県・徳之島産のキャッサバ(マンジョカ)です。
徳之島の熱帯性気候はキャッサバの栽培にとても適していて、無農薬農家さんで約1年で収穫できます!

キャッサバとは…

 キャッサバとは、トウダイグサ科の熱帯性植物の常緑低木でブラジルが原産。イノモキ、タピオカ、マニオク、マンジョカ、カサーバとも呼ばれる。塊根がサツマイモによく似ており、タロイモとも言われ、主にアジア、アフリカ、中南米で栽培されています。食用とするためには熱処理や水洗いにより毒抜きができ美味しくいただくことができます。
徳之島産のキャッサバをフライドポテト風に加工した「きゃっポテ」はこちらから>>>

徳之島のキャッサバ(マンジョカ)
★キャッサバ(生)の調理法
ゆでたキャッサバ

キャッサバはシアン系の毒を含んでいます。これは水溶性で加熱すると消えてしまうため、しっかりと熱を通して調理することが必要です。簡単な調理法で安全においしく食べることが出来ます。
加熱処理済でない生のキャッサバを使う時には以下を参考にしてください。(加熱済のものはそのまま使えます)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
キャッサバ(生)の調理法
①皮をむいて水につける
②鍋に全体がかぶるくらいの水と①をいれ沸騰して10~15分ゆでる
③竹串がスッと通ることを確認できればできあがり

 ★ゆでたものをそのまま食べる⇒ホクホクしておいしいです。
 ★輪切りにして煮物やカレーに
★長さを7センチほどに切った後、筋にそってスティック状に手で割って油で揚げてフライドキャッサバに。

★こんな風に成長していきます
種まきの様子 徳之島のキャッサバ(マンジョカ)
約1年で収穫できます。無農薬の畑で生産組合の農家だけでそだてたものです。
成長の様子 徳之島のキャッサバ(マンジョカ)
約1年ほど土のなかで育ちます。あたたかな徳之島ならではのマンジョカ(キャッサバ)です。
収 穫 徳之島のキャッサバ(マンジョカ)

注文が入ってから収穫します!
キャッサバは掘って時間がたつとおいしくありません。
また、雨が降ると皮に水分がついてそこから腐りやすくなるために、お天気の良い日しか収穫していません。

お届けには時間をいただいています!
1週間から10日ほどでお届けします。 (お届け日は電話、メールでご相談ください) ★ごめんなさいです★

種 類

徳之島のキャッサバ(マンジョカ)
白と黄の2種類があります

お届け状態 お届け状態は3種類よりお選びください
・皮つき生、皮なし生(真空パック)、熱処理済(真空バック)
徳之島のキャッサバ(マンジョカ)
写真は、熱処理済み(真空パック)の状態です。
調理法(例)

● 揚げたキャッサバポテトは最高(塩味と黒糖味で)
きゃポテ
● いも餅にしても おいしいです !

きゃポテ

価格表・送料

キャッサバ(マンジョカ)の価格表はこちらから>>>

送料はこちらから>>>

ご注文方法

価格についてはこちらから>>>
※大口のご注文についてはまずお見積りをいたしますので、ご注文フォームからご連絡ください。追って弊社担当者よりご連絡いたします。
ご注文フォーム>>>
FAX注文用紙
③お電話 072-665-8614
web@amami-tokunoshima.net 担当:松尾

<< 前のページに戻る